株式会社嘉藤農機ロゴ

その農機、まだ使えます

その農機、
まだ使えます

この記事をシェアする

「その農機、まだ使えます」
~農機具の修理や買い替え判断の一助になれば幸いです~

農作業の省力化に役立つ機械も故障はつきもの。そこで、嘉藤農機の整備士が、買い替え時期や修理の必要性の判断に役立つ、よくある農機具・設備の故障あるあるをご紹介いたします。

【トラクターを止めない!ためには、
エンジンオイル交換が最も大事!】の巻

 

 

整備士の吉田です。収穫時期の最盛期も終わり、畑作・稲作農家さんにとっては一段落する時期ですね。「農業をとめない」がキャッチフレーズである嘉藤農機としても、少しはお役に立てたのかなと思っています。もちろん、畜産業は365日止まることができませんので、いつでも馳せ参じます。

 

振り返ると、「作業中にトラクターが止まった」「そういえば、最近、変な音がする」「雨が続きそうだから、早めに作業をしようとしたら、トラクターのエンジンがかからない」などの依頼が多かった気がします。あとは、牧場のポンプ系の修理も多かったですね。

 

 

さて、今回からはじまった「その農機、まだ使えます!」では、我々、嘉藤農機の整備士が農機具の故障した際に、修理依頼や買い替えを判断する一助となるネタや、農機具を長く大事に使うための簡単な整備方法などをお伝えし、多くのお客様の農機具を長く安定して使っていただくための情報としてお話します。

 

それでは、嘉藤農機の仕事が減るのは?とご心配の声もあるかと思いますが、我々、嘉藤農機の仕事は幅が広く、農機具の販売、中古農機具の買取、バイオガスプラントの計画・建設などがあります。何より「農業を止めない」が使命ですので、一番は農機具が壊れないことです。

 

閑話休題

 

農機具の修理の話でした。農機具の代名詞といえばトラクターですね。ただ、このトラクターは自動車のような車検制度がないことを知っていましたか。だからこそ、点検を忘れがちで、気づけば、負荷をかけてしまい、大きな故障につながることもあるんです。今回はトラクターでよく起こりがちなトラブルをご紹介いたします。

 


 

【エンジンオイルによるトラブル】

トラクターのトラブル原因で最も多いと思われるのが、エンジンオイルの不具合によるエンジン不調です。前述しましたが、車検制度がないトラクターは、エンジンオイルの交換を忘れがちになることが多いんです。

 

交換時期は、大手農機具メーカーによれば、新車の場合は、50時間前後で1回目の交換を行い、それ以降は100時間を目安に長くても400時間までには再交換を行ってください。当然、各メーカーの型式によって異なるので、詳細は取扱説明書を確認していただければと思いますが、「説明書がない」と言う方は、嘉藤農機にご一報ください。

 


交換をしないとどうなるか?

①エンジン出力がダウン

例えば、フィルターが詰まり、流れが悪くなってロータリーが上がらなくなる原因になります。つまりエンジン出力がダウンしているということです。ロータリーが上がりくいな、でもエンジンを吹かすとゆっくり上がるなど、いつもと違う感じがしたら、嘉藤農機へご連絡ください

 

②焼き付き

トラクターの故障の中でも発生率が高いと言われています。エンジンが突然止まる。エンジンに穴があいたり割れたり、火を吹いたりもします。焼けた臭いや煙が出たら、すぐに嘉藤農機へご連絡ください。

 

エンジンオイルはこうして点検します

①トラクターを水平な場所に置く

※傾いていると、正確な点検ができません。できれば。エンジン始動前か冷えているときに調べてください

 

②エンジンの検油ゲージを抜き出します

※検油ゲージの位置は機種によって異なります

 

③検油ゲージの先端に付いたオイルを拭き取ります

※同時にエンジンオイルの汚れ具合のチェックを忘れずに

 

④検油ゲージを再度差し込んでから抜いて、オイルがどの位置まで付着しているかを確認

※検油ゲージの上限と下限の間であれば適正です

※足りない場合は、給油口から検油ゲージの規定量までエンジンオイルを追加

 

エンジンオイルの交換を忘れずに!

エンジンオイルは、エンジンの潤滑剤として大切な役割を果てしているほか、シリンダーの冷却、洗浄、衝撃吸収、防錆としても役立っています。最も忘れがちになる作業でもありますが、交換を怠ると、前述のようなトラブルの原因につながり、そのトラブルが最も多いと言われています。

 

だからこそ、適正期間でのエンジンオイルの交換を忘れずに行いましょう。嘉藤農機では、一度交換していただければ、当社でデータ管理もしています。適正な時期にご連絡をいたしますので、ご安心を!

この記事をシェアする

お問い合わせ

募集要項

【北海道帯広市勤務】農機の点検・設備スタッフ(業界最高水準の福利厚生)

雇用条件 正社員
仕事内容

農業機械の修理や整備が基本的なお仕事です。
農業機械にも様々な機械が存在しており、それぞれの機械に応じた知識や技術を駆使して、お客様の使用する機械の整備や修理を担当します。

  • 農業機械の整備・修理業務・組み立て
  • 短期の出張を伴う修理業務
  • お見積もりのお届け

整備した農業機械が農家さんたちを助け、北海道の農業や生活を助けるやりがいのあるお仕事です!

給与 年収:400万円~600万円(経験年齢を考慮します)
※業績に応じて、特別賞与あり
諸手当

①家族手当
配偶者(0,8万円~1万円)
※お子様の人数に上限はありません

 

②マイカー通勤支給
所得税法上の非課税限度額を距離に応じて支給

  • 片道2km以上10km未満:4,200円
  • 片道10km以上15km未満:7,100円

 

③住宅手当
寮や社宅以外の方(上限2万円)

 

④勤続手当

  • 3年目3万円
  • 5年目5万円
  • 10年目10万円
  • 15年目15万円
  • 20年目20万円

※勤続手当は年1回支給

 

⑤役職手当
5,000円~5万円

資格・経験

下記いずれか1つ以上必須

  • 機械整備の専門学校や高校を卒業している方
  • 整備士経験のある方
求める経験・スキル
  • 年齢不問
  • 経験不問
  • 未経験者歓迎
  • ブランクOK
  • U・Iターン歓迎
応募歓迎
  • メカニック経験
  • メンテナンス経験
  • 指定工場・認証工場の整備経験
  • 整備学校卒業生
  • 製造業界・工場内作業経験者
  • 自動車整備専門学校卒
  • 自動車電気装置整備士
  • 整備工場等の期間工経験者
  • ハローワーク等でお仕事を探している方
  • 組立て・検査の作業が好きな方
  • 北海道での生活を楽しめる方
待遇、福利厚生

住宅支援制度/住み込み制度
1)寮完備:自己負担額の2,5万円~3,5万円
2)社宅:自己負担額の3万円~5万円
3)寮や社宅以外:住宅手当1万円~2万円
※寮・借上げ社宅は計300戸、戸数増も計画中

  • 工具全支給
  • 作業着支給
  • 社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)
  • 傷害保険
  • 昇給・昇格有り
  • 資格取得支援制度(家畜人工授精師/家畜受精卵移植師/大特免許/作業免許/大型免許等)
  • 女性就労支援制度(時短勤務/保育所料金補助/子育て休暇)
  • 社員食堂(昼食1食300円個人負担、土日など休業日あり)
  • 社員旅行(実績 2017年:東京3日間、2019年:沖縄本島4日間)
  • スポーツジム 利用無償(スポーツクラブJOYFIT 会社契約)
  • 「タイ古式マッサージ」毎月1回(60分)無料(専属スタッフが各地を巡回)
  • 希望書籍購入、貸出図書制度有り
勤務時間 9:00~18 :00(休憩1時間)
※月残業平均時間20時間(残業手当てあり)
休日・休暇 4週8休制(年間休日105日)
※6カ月勤務後有給休暇あり(10日付与)
交通アクセス 〒 080-0013
帯広市西3条南9丁目2 セントラル十勝ビル
会社概要 株式会社嘉藤農機
設立:2020年12月1日
代表者:嘉藤 淳介
住所:〒080-0013
帯広市西3条南9丁目23番地
帯広経済センタービル西館7階
HP:https://katonoki.com
応募方法
    • エントリーフォームから応募または、以下のメールアドレスに直接、履歴書・職務経歴書を添付してください
    • お電話でのご応募も受け付けています

株式会社嘉藤農機
【採用担当】髙島(たかしま)
TEL:0155-66-9085(営業時間 / 8:00~18:00)
E-mail:info@katonoki.com(24時間受付)

エントリーフォームはこちら

株式会社嘉藤農機ロゴ