株式会社嘉藤農機ロゴ

『農業をとめない!嘉藤農機』Q.01

『農業をとめない!
嘉藤農機』

この記事をシェアする

『農業をとめない!嘉藤農機』Q.01

嘉藤Kato

嘉藤農機の代表
実家は牧場経営。幼い頃から家業の牧場経営を手伝ってきたが、農業機械に魅せられ、農機具・設備のスペシャリストを目指す。現在は「農業をとめない!牧場をとめない!」会社「嘉藤農機」の代表。

『農業をとめない!嘉藤農機』Q.01

近藤Kondo

嘉藤農機の外回り班リーダー
毎日農家さんの困りごと(相談)を聞いては、解決策を一緒に考え支援が生きがい。自称・農家さんの支え人。

Q.01 農業をとめない!嘉藤農機』

「農業をとめない!牧場をとめない!」を掲げる嘉藤農機です。今回から隔週で農家さんの困りゴトや嘉藤農機からご提案できる農業・牧場現場の予防策を、嘉藤農機の近藤と嘉藤がお伝えしていきます。

 

嘉藤

1回目は、冒頭の「農業をとめない!~」を掲げる理由から。自然と生き物が相手の農業・畜産は365日24時間体制で対応しなければなりません。また、現在の農業は機械化が進み、多くの農作業が機械を使った仕事がメインです

嘉藤

近藤さん、農業と農機具の関係性について説明お願いします

 

近藤

はい。先ず農業収入は収穫され、市場に卸すことではじめて得られます

 

嘉藤

そうですね。

 

近藤

当然ながら、作物は今日種をまいて明日実ることはありません

 

嘉藤

そりゃそうです!

 

近藤

数ヶ月~半年・1年をかけて育て、収穫されます。台風や防風・長雨・日照りなど天候(自然)に左右されるのが農業です

 

嘉藤

そのとおりです。それからそれから……

 

近藤

例えば、天気予報を見ながら、収穫直前に台風が近づいてくることがわかり、収穫作業を早めたりすることもあるでしょう。ところが、いざ作業をはじめようとした際にトラクターや農機具が動かなかったらどうなりますか?

 

嘉藤

そりゃ困ります!計画通りに作業できません!大問題です!

 

近藤

そうなんです。機械が動かなければ、作業計画が崩れ、台風によりせっかく実った作物が収穫できずにダメになってしまいます。つまりは収入源を失うことにつながるわけです。

 

嘉藤

まさに、死活問題ですね

 

近藤

そうならないように日頃のメンテナンスが大切なんです

 

嘉藤

メンテナンスをしていても、急なトラブルはつきものです

 

近藤

そんなときこそ、嘉藤農機です

 

嘉藤

なんだか宣伝っぽくなってきました(笑)

 

近藤

茶化さないでください。ここからが大事なところです

 

嘉藤

すいません……。

 

 

 

 

 

交換ではなく“修理”が必要なんです!

嘉藤

まさに、農業をとめない!に繋がるわけですね

 

近藤

はい。本来は部品交換が必要でも、修理をすれば半日や1日動かすことができる場合もあるんです

 

嘉藤

農業をとめない!ですね

 

近藤

連呼しないでください

 

嘉藤

すいません……。

 

近藤

もちろん、無理に動かして、その後に大きな不具合に繋がることのないことが前提です

 

嘉藤

交換ではなく「修理」ができる整備士を揃えるのが嘉藤農機の役割であり、今後の目標です

 

近藤

はい。農業機械の整備士は自動車整備士よりも幅広い知見と技術が必要なんです

 

 

 

 

現場で修理のできる質の高い「工具」が大事!

嘉藤

仕事の幅が広いので大変かもしれませんが、やりがい満点です

 

近藤

嘉藤農機では「工具」が全支給なのも整備士にとっては嬉しいです

 

嘉藤

近藤さんも宣伝っぽくなってきましたよ

 

近藤

すいません。先日アップされた「かえでの素顔」にもあった嘉藤農機の秘密兵器「移動整備工場」の出番ですね

 

嘉藤

そのとおりです。整備士を活かす「工具」や装備に投資して環境を整えるのが私の仕事です

 

 

【移動整備工場】嘉藤農機の秘密兵器

 

近藤

カッコいいですよ。社長っぽいです。

 

嘉藤

皆さん、嘉藤農機のキャッチフレーズの意味をご理解いただけたでしょうか。

弊社としても、皆様の困りごとに対して、100%対応できるレベルには至っておりませんが、日夜経験を積んでおります

 

近藤

今後は、「農業をとめない!」嘉藤農機から、日頃、農家さんから相談を受ける困り事などの解決策をQ&Aの方式でお伝えしていきます。「農業をとめない!牧場をとめない!」嘉藤農機をよろしくお願いいたします

 

この記事をシェアする

お問い合わせ

募集要項

週間ランキング

株式会社嘉藤農機ロゴ